Terastyle

話し言葉

 今回は、話し言葉にも少し気を遣おうよという話です。

「ポテトサラダもたべなさいよ」
「ポテトサラダもあるよ」
 もし、食べ物を勧められるなら、どちらの言い方がしっくりくるでしょうか。
 前者の方は、極端にいうと、そこにポテトサラダがあるからさっさと食えみたいな感じで私は受け取ります。特に、私の場合は、それが遠くにおいてあって教えてもらっていなければ、そこにポテトサラダが存在していることすらわからないので、「知らないのに食えるか」という気になってしまいます。まあ、いちいちそれで腹を立てるわけではありませんが。
 ただ、「ポテトサラダもあるよ」と言った方が、「そうだった、じゃあ食べようかな」という気に自然となりませんか?料理を作ってくれたときに、「このハンバーグおいしくない」というより、「私は少し味が濃いのも好きかな」とオブラートに包んで言ってあげた方が、相手もすんなり受け入れてくれると思いますよね。もちろん、あからさまに怒った言い方をしたのでは意味がありませんが。ちょっとしたことかもしれませんが、こういう言葉の積み重ねでも、その人がどういう人なのか、暖かい人なのか冷たい人なのかがわかります。
 それに、お互いが気持ちよく生活したいじゃないですか。私の場合は、頭で考えてからしゃべる性格なので、話し言葉にもできるだけ気を遣っています。考えてからしゃべるので、返しが遅いという短所にもなっているんですけどね。といって、考えずにしゃべろといわれても、難しい話ではありますが、少しずつ直していかないとな。
 周りには、そういう言葉に気の使えない人が多いわけです。
[PR]
by terax0211 | 2007-03-27 22:17 | 雑記帳