Terastyle

医龍について少し語ってみる

毎週医龍という連ドラを見ています。
このドラマがなかなかいい。
ロック調のBGMが雰囲気を盛り上げていてなかなかナイスといえよう。
印象に残る曲が多い作品は、良作だと思うのですが、これに当てはまってます。
でも、個人的に主題歌はこのドラマに合っていなくてしっくりきません、AIもあまり好きではない。

ストーリーとしては、
上下関係の激しい、そして腐りかけている大学病院でバチスタ手術を成功させるため、医龍◇龍太郎(坂口憲二)を中心にチームのメンバーを集めていくという話です。
実に、手術のシーンがリアルに描かれています、あくまでシロートとして見た場合ですが。
この緊迫感がたまりません、ナースのお仕事とか正反対。
基本的に、浅田がチームの中心になっていますが、この浅田ってやつは尋常なやつじゃない。
「医者が患者を待っているのではない、患者が医者を待っているんだ」などといって説得をするところの坂口憲二は、とてもかっこよく見えます、ジョリーグッド。
現実で、こんなに人を動かしていける人がいるのかと思うほどですが。
また、ストーリーの中で、若手の研修医であった伊集院(小池徹平)の成長ぶりがよく見えてきます。
実は、もう1回目のバチスタ手術が開始されて転回早いなぁとか思ったりしているのですが、まだかなりの山がありそうで楽しみ。
[PR]
by terax0211 | 2006-05-11 23:47 | 雑記帳