Terastyle

7/9 広島○回戦

久しぶりにジャイアンツの記事でも書きますか。
7月はそこそこ記事を書いているなあと思ったらまだ3件だったようです。
今月は10件ぐらい書こうかな。
最近ジャイアンツの調子も上がってきたようで、いい試合を見せてくれるようになりました。
見せてくれるとは失礼ですね、本調子に戻りつつあるという表現が適切でしょうか。
これは、中継ぎ陣の調子がよくなってきたことに付随しているのではないでしょうか。
ときには打たれることはあれど、中継ぎがよくなれば、先発ピッチャーもある程度安心して投げることができる。
そして、7回ぐらいまで全力で行けばとかいう気持ちで投げれるのではないでしょうか。
こういうピッチャー心理もシロートの考えでしょうが、とかいって一応ピッチャーは3年ぐらいやっていたことがあるんですけどwww
シュコースキーは今年の方が断然調子はいいでしょうね。
ストレートに力はあるし、だいぶ見ていて安心感があります。
彼なら力でも押さえられますからね。
いくら調子がいいといってもとりあえずは5割まで行かなければお話にならないんですけどね。
でも、昨日のような見ていておもしろい試合をしてくれるので今日も聞こうかなという気にさせてくれます。
5月後半とかはなんかひどかったですからね。
それでは、昨日の試合を振り返ってみましょうか、スポーツ放置さんと。

昨日の試合はなんといっても広島4番の新井に限ります。
あれだけ調子がよくて打たれてはそういうしかないでしょう。
先発はマレンと誰かで始まりました。
まず、先制したのはジャイアンツ、2回の清原選手のHRでした。
最近清原も徐々にですがHRも増えてきたようで。
ここは、学校にいて聞けてないんですけど。
4対0になったのですが、その後にじわりじわりと追いつかれました。
ここは嶋の2HRとかタイムリーとか。
そして、新井の逆転HR。
新井のワンマンショウの始まりか?こりゃいいすぎか。
8回にも2度目の勝ち越しとなるHRを打ちました。
その後は、撃ち合いが続いて8回が終わって6対7でカープリード。
そして、9回ツーアウト、もう終わりかと思いきや、ここで負けじとさよならしんちゃんの逆転2HR。
いや~~しびれました、なんて劇的なんだ。
野球はツーアウトからとはまさにこのことをさしているんでしょうな。
ただ、さよならだーと思ったらアウェイなのでそれはありえなかった。
そして、9回裏、押さえの木佐貫。
ここですんなり押さえてくれなかったのが運の尽き。
ツーアウトまでなんとか取ったのはよかったのだが、3番嶋で勝負するべきところをツーアウト満塁、調子のいい4番と広島にとっては願ってもいないチャンス。
と初球を軽く流されてさよなら負けですよ、あんた。
まあ、嶋と勝負できなかったところで負け決定ですよ。
勝負というのはそんなものです、おまえがいうな。
9回にチャンスで4番に回ってこれば、鬱確率の方が高いでしょうね。
試合には負けましたが、いい試合を見させてもらいました。
と、こんな時間になってますが、今日の試合は雨で注しだそうですよ。
しかも、キャプラーは対談して帰っちゃったそうです、どうでもいい。
大阪城は見物したのか?
[PR]
by terax0211 | 2005-07-10 21:26 | Giants