Terastyle

岡崎ジャズストリートに行ってきた

 11月5日の土曜日、岡崎市で開催されているジャズストリート2011にchabinと初めて行ってきました。今年が6回目とのこと。名前は知っていたのですが、
 会場は、名鉄の東岡崎駅から少し歩いた籠田公園を拠点に、13カ所で様々な演奏が繰り広げられます。これのほとんどが無料で聞けてしまうんです。プロで活躍している人も来ていました。といっても、ジャズはシロートで、知っている人といえば、マイリスデービス、チックコリア、ボブジェームス、忘れていけないのが世界に誇るジャズピアニスト、小曽根誠。そんな程度で家ではあまり聞けていないので、こういう機会にいろんな音楽に触れるのもいいもの。こりゃ行ってみるしかないでしょう。
 今回は、主に、この籠田公園に居座って聞いていました。屋台も少しあって、久しぶりにクレープを買って食べてました。
 11時過ぎにいくと、「名古屋市立本城中学校ジャズオーケストラ部」の演奏がもう始まっていました。スタイルは、20名ほどが演奏するビックバンド形式で迫力のある演奏。中学生らしく、聞きやすいスタンダードな曲が多かった。結構聞いたことの曲も多かったのですが、いかんせん題名がでてこない。アンコールでコーヒールンバやってたかな。
 部員は、学年で20名強と思った以上に多い。中学生でもジャズ好きが結構いるんですね。この部は、全国で1位になったとか。通りでうまいわけだ。でも、公立の学校なので、お金がなくて楽器が買えないと、カンパを募っていました。使える楽器をメンテナンスしてなんとかやりくりしているとのこと。
 そして12時からは、名古屋音楽大学の「めいおんジャズオーケストラ」の演奏でした。こちらもビックバンド形式。中学生とはまた違い、ブラシもしっかり使って、しっとりとした曲もあったり。練習は、週1回とのこと。それだけで、ここまで会わせられるとはね。1回っていっても、6時間ぐらいやってたりして?w音楽大学なので、みんな音楽センスも抜群でしょうから、自分の持ち場は完璧にしておいて練習日に会わせるだけなんでしょうね。
 司会者の人がフルートを吹いていたのですが、これをメインにした曲がよかった。野外なので、フルートのすんだ高音が空へ突き抜けていくような感じで、聞き入ってしまいました。ジャズというと、夜にお酒を飲みながらという印象が強いですが、こういう野外での演奏もいいですね。まあジャズといっても、カントリーとか陽気なのもあってジャンルは多彩ですね。フュージョンっぽい演奏もどこからか聞こえてきていました。
 道を歩いていると、遠くからジャズが聞こえてくるんですよ。音につられてふらっと立ち寄ったり。街がジャズ色に染まっているようで、善い雰囲気でした。いろんなジャズに出会えますね。
 ボーカルありのジャズもやってました。おっさんばっかのジャズグループとかw。みんなジャズ好きなんだろうなあ、バカにできません。客も、やっぱりおじさんが多いのかな?公園では、土曜日なので親子で聞いている人も結構見かけました。
 後は、ついでにリブラとかいう岡崎市の図書館を見たり、ねとらじで知り合った人と会ったりいろいろやってきました。リブラは最近できたそうで、図書館なのに天井が高そうでホールもあったりとえらい立派な建物。ということで拝んできました。かなり金かけたらしいよ?
[PR]
by terax0211 | 2011-11-09 22:27