Terastyle

エース上原1勝

最近本当に忙しくなってきたのでなかなか文章書けませんでした。
しかも、ジャイアンツはぼろぼろだったし。
いつも書き始めるときに思うんですけど、文体をですますにするか、だである調にするか考えてしまうんですよね。
やっぱりですます調の方が文章は砕けているので多少書きやすいということがあります。
ただ、少しまじめに書きたいと思ったときは、だであるの方がいい。
といって、毎回文体がぐちゃぐちゃでもどうかなあと思う訳ですよ。
雑記帳は比較的ですますで書いてるんですけどね。
読み手のことも考えないといけないですね。
とりあえず、今日の気分で書き方を変えるとかはだめかな。
嫌々書いてもしょうがないですからね。
ということで、今回はこんな感じで。

昨日やっと上原で勝ちましたね。
上原もなんとか要所を締めていてさすがという感じでしたね。
ちょっと三振が少なかったかな。

ここでざっと試合の流れを書いておきます。
先発は川上と上原。
お互いそれなりにエースを意識しながら上場の立ち上がりをする。
先に点を取られたのは上原。
2回に福留のHRと川上にタイムリーを打たれて2点を失う。
福留は調子が悪かったのでちょっと悔やまれる。
しかし、すぐさまジャイアンツは連打・高橋のタイムリーと清原の四球で満塁とすると小久保のグランドスラム。
一気に5対2と逆転する。
その後もローズの1号HRなどで6点を入れる。
対するドラゴンズも林に襲いかかるが2点止まり。
最後は久保が3人できっちり押さえてゲームセット。
結局6対4でジャイアンツの勝利に終わった。

本当に勝利が遠かった。
中継ぎが打たれ始めたときはどうしようかと思いましたよ。
その中で、林は相変わらずいいですね。
2点は取られましたけど。
あれもドラゴンズの粘りかと。
おそらくそのうち、先発に回ることになるんでしょうね。
先発陣はどう考えても足りませんからね。
なんといってもフォークの落ちがいいようです。
現在ミセリが誤算で久保が押さえに回っていますからね。
その久保も、きっちり押さえてくれて一安心です。

打者の中では、高橋の調子がいいようですね。
スイングもしっかりできていますし、ライナー製の当たりが多いように見えます。
なんだかんだいって、去年もHr0発以上打ってますからね。
ぜひとも今年は初のタイトルダッシュを。
やっぱり狙うは首位打者かな。

ところで、久保と同期の木佐貫はというと、なんだか右肘の肉離れだとか。
そんなのあんまり聞いたことありません。
肘なだけにちょっと心配で長引きそうな感じです。
まだ1群に戻ってくるまでには時間が掛かりそうです。

もう1つの問題は、キャプラーをいつまでスタメンで使い続けるのかということです。
現在キャプラーは2本のヒットしか打っていません。
しかも、この2本がHRというよくわからない結果になっています。
オープン戦は3割打っていただけに、この打てなさはなんだろうという感じですね。
とりあえず、全てのチームと対戦するまではスタメンで使いそうな感じですかね。
堀内監督も長い目で見るとかいってたし。
まあ、そこから清水を使っても遅くはないでしょうね。
キャプラーの守備と肩はやっぱり清水よりいいですからね。
判断基準はバッティングだけではありません。
まあ、キャプラーも実力はあると思いますから、何かきっかけをつかめば一気にいけるでしょうね。
さて、今日の先発は内海なんでしょうか。
このチャンスはぜひともものにしてほしいですな。
[PR]
by terax0211 | 2005-04-09 14:50 | Giants