Terastyle

ひぐらしの泣く頃に 雀良すぎる

 最近、ひぐらしの泣く頃に 雀にはまっております。これがなかなかよくできてる。よく作り込まれている。
 まず、起動してみてびっくり。メニューを全て喋ってくれて、そのモードの説明をひぐらしのみんながしてくれます。キャラ洗濯のところでも、カーソルが当たってるキャラが喋るので選びやすくなってます。
 モードは、圭一がメンバー全員に勝ち抜いていくおやしろモード、アーケードを移植したフリー対戦ができる部活モード、PSPオリジナルでいろんなコスプレがみれるらしい部活モードエクストラの3つです。
 おやしろモードでは、もれなく全員にあえぎ声が聴けます、いやたぶん、利香ちゃんに注射されて、死にそうになってるだけかと。そして、圭一が勝つと相手になんかやばそうな飲み物を飲ませることができます。映像見れたら、かなりやばいことになってるんだろうなあ。
 もちろん、レナの、恐い恐い「嘘だっ!」、「おーもちかえりーー」、利香ちゃんの「ニパーー」のセリフもばっちり聴けます、くどいぐらい聴けますw利香ちゃんの杯を出す時の「みー」ってのもかあいい。危険の予兆といわれるひぐらしの声もたくさんね。担任のちえ先制もでてきて、何かにつけてカレーカレー超うるさいです。カレーにつもとかいうし。部活モードでは、いろいろと優しく手取り足取り教えてくれちゃったりしますのです。
 ゲームが終わった後のそんな会話シーンを見てるだけでも楽しめます。麻雀は自動を選ぶと、全部コンピューターが打ってくれますから、難しいことはなにもありません。もちろん、麻雀を打てたらそれに超したことはないですが。それはさすがに見えないと無理です。 ってのも、このゲームは、本格的な麻雀をやるわけではなくて、あくまでひぐらしの仲間と麻雀を楽しむゲームなのですから、これでいいんです。
 それに、ルールもはちゃめちゃで、最初にアイテムで自分のハイをよくしたり、リーチになればほぼ必殺技で一発上がり、相手が上がる時にハイを隠したりできてしまいますから、難易度はかなり低いです。どんな手を使ってでも勝利する、これこそ魅音の部活といえるでしょう。豪快にどんどん勝利して、笑って、そしてにやにやしちゃってください。そういうゲームです。
 でも、男のキャラとも麻雀できたらよかったな、大石とか富竹とか赤坂とかね。原作ではそういうシーンあるわけで。
 そして、クリアしていくと、おまけムービーとかおまけシナリオが追加されて、いつでも見られるようになります。それだけでもやる勝ちありです。1つの写真にもしっかり会話シーンがあって、制作者のこだわりが感じられます。
 ということで、ひぐらしファンには必携の一本といえるでしょう。麻雀が撃てない、このゲームではそんなの問題にすらなりません。ひぐらしに触れたことのない人も、これをやればひぐらしが見たくなる、かも?きっかけはなんでもいいんですから。ジャンルは、サスペンスアドベンチャーノベルですから、残虐なシーンも多いですけど、そのギャップがまたいいんです。まあ、とりあえずやってみろってことですよ。
[PR]
by terax0211 | 2009-11-19 00:01 | 雑記帳